天敵倒すも負傷休場…貴景勝“右ヒザ爆弾”がまねくケガ連鎖

公開日: 更新日:

 右足をかばいながら、階段を一段一段、慎重に下りる姿が痛々しいほどだった。

 15日、新大関の貴景勝(22)が右ヒザを負傷した。相手は直接対決で5連敗中の御嶽海。この天敵に右上手を取られると、貴景勝はもろ差しに。

 ともに押し相撲とはいえ、御嶽海は四つでも強い。

 しかし、貴景勝は「(腕を)巻き替えられると体勢をつくられるので」と振り返ったように、あえて腕を抜かず、そのまま密着した。

 もろ差しで攻め続け、一瞬吊りかけるなど怪力を見せつけて、自身も「ちゃんとやったのは初めて」と言う寄り切り。

 新大関の新たな相撲――と思われたのもつかの間、勝った貴景勝はその場にしゃがみ込むように右ヒザを押さえた。

 足を引きずりながら、何とか支度部屋に戻った新大関。右ヒザの内側に氷嚢を当てながら取材対応となったが、ケガの様子を聞かれると、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る