性格がマジメすぎる矢後太規 元横綱に可愛がられた“堅物”

公開日: 更新日:

尾車部屋・前頭12枚目・24歳

「マジメなんですが、ちょっと堅すぎる点が玉にキズですね」

 あるタニマチ筋が、苦笑いする。

 中央大学出身の大卒力士ながら、小手先に頼った小技は使わない、正統派の四つ相撲。巨体を生かした、スケールの大きい相撲が特徴だ。

 子供の頃から相撲に熱中し、相撲強豪校の埼玉栄に留学。しかし、当初は「どうしてもプロに行きたい」という様子ではなかったという。

「大学でも個人タイトルとはほぼ無縁。何事もなければ、実業団で相撲を続けていたでしょう。それが4年時に学生横綱に輝いた。そこから角界に注目されるようになり、いくつかの部屋から勧誘されたそうです。尾車部屋を選んだのは、中央大学の先輩である豪風(現押尾川親方)がいたから。当初は埼玉栄出身者が多い境川部屋が有力視されていたんですけどね」(冒頭のタニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る