性格がマジメすぎる矢後太規 元横綱に可愛がられた“堅物”

公開日: 更新日:

尾車部屋・前頭12枚目・24歳

「マジメなんですが、ちょっと堅すぎる点が玉にキズですね」

 あるタニマチ筋が、苦笑いする。

 中央大学出身の大卒力士ながら、小手先に頼った小技は使わない、正統派の四つ相撲。巨体を生かした、スケールの大きい相撲が特徴だ。

 子供の頃から相撲に熱中し、相撲強豪校の埼玉栄に留学。しかし、当初は「どうしてもプロに行きたい」という様子ではなかったという。

「大学でも個人タイトルとはほぼ無縁。何事もなければ、実業団で相撲を続けていたでしょう。それが4年時に学生横綱に輝いた。そこから角界に注目されるようになり、いくつかの部屋から勧誘されたそうです。尾車部屋を選んだのは、中央大学の先輩である豪風(現押尾川親方)がいたから。当初は埼玉栄出身者が多い境川部屋が有力視されていたんですけどね」(冒頭のタニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る