モンゴル生まれで日本育ち…大翔鵬清洋“唯一の欠点”とは

公開日: 更新日:

24歳・追手風部屋

 そうと言われなければ、外国人力士だとは気付かないだろう。

 出身地はモンゴルの首都ウランバートル市だが、実はモンゴルより日本での暮らしが長い。10歳のとき、母親が日本に留学したのをきっかけに、一家で千葉県柏市に移住したという経歴だ。

「モンゴルの小学校では秀才で通っていたものの、日本に来たばかりの頃は言葉が通じず、授業についていけなかった。小学校にモンゴル語を話せる職員がいたようだが、大翔鵬は言葉の習得が早く、来日して3カ月もすると日本語ペラペラ。漢字も使いこなせるようになり、高校でも学業優秀で通っていた」(タニマチ筋)

 中学に進学すると、野球部に入部。モンゴルには野球がないため、珍しかったというのが理由のひとつ。さらにクラスメートに野球部員が多かったことも、入部を決意させた要因だ。

 しかし、中学在学中に野球部を退部。野球が嫌いになったわけではなく、「自分では到底プロは無理だし、このまま野球を続けても将来食っていくことはできない」というシビアな判断だ。そこで地元の柏市相撲スポーツ少年団に入団。道場で稽古を積み、大相撲を目指すようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

もっと見る