新入幕・友風 “大相撲”か“ピアノ”の分岐点で嘉風に出会う

公開日: 更新日:

24歳・尾車部屋・前頭13枚目

 後にも先にも、こんな力士はいないだろう。

 初土俵から所要11場所での新入幕は、年6場所制になった1958年以降、4番目のスピード出世。正攻法の押し相撲を武器にし、どんな相手にも真正面から当たる気概がある。しかし、友風が「異色」たるゆえんは相撲ぶりではなく、学生時代に「大相撲」と「音大受験」を天秤にかけていたということだ。

 幼少期から趣味だというピアノは素人のレベルを超えており、小学生の頃に運動会の応援歌を作曲。母校では友風の作った曲が現在も運動会で使われているという。

「友風のお母さんはエステティシャン。幼少期から自宅にあったピアノで遊ぶ息子を見て、将来は音楽の道に進ませたかったようです。実際、友風は体相応に手も大きい。ピアニストとしては有利なので、本人の気持ちも分かる。それが本格的に相撲に打ち込むようになったのは、高校で現役力士との出会いがあったからです」(タニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る