競泳個人メドレー大橋悠依 世界選手権は美女との“三つ巴”

公開日: 更新日:

 競泳の世界選手権(7月=韓国・光州)の追加選考会を兼ねたジャパンオープン(東京・辰巳)が30日開幕。29日は公式練習が行われ、女子代表主将の大橋悠依(23)は4月の日本選手権で派遣標準記録(2分06秒51)を突破できなかった200メートルバタフライでの代表入りを誓った。

 世界選手権には、すでに個人メドレー2種目(200、400メートル)での出場を決めている。

 白血病を患って欠場を余儀なくされた池江璃花子(18)に代わって女子のエースとしてチームの牽引役を担う大橋。世界選手権本番では、世界の競泳界を代表する美女2人との三つ巴の争いとなる。

 今季、個人メドレー200メートルの最新世界ランキングはカティンカ・ホッスー(30=ハンガリー)が2分08秒55で1位、2分08秒71でシドニー・ピックレム(22=カナダ)が続き、大橋は2分09秒14で3位。一方、400メートルは大橋(4分33秒02)がトップで、ホッスー(4分33秒06)、ピックレム(4分35秒15)が後を追う。

 光州のプールサイドでは美の競演も繰り広げられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る