エース不在の競泳日本 東京五輪メダル量産かけて100日合宿

公開日: 更新日:

 日本のお家芸が異常事態だ。

 日本水泳連盟は9日、競泳の世界選手権(7月=韓国)代表の男女17人を発表。8日閉幕の日本選手権で派遣標準記録をクリアして個人種目で出場権を得たのは、わずか10人。前回2017年のブダペスト大会の17人から大幅減である。

 日本選手権では実績があるベテランや期待された若手のタイムが伸びなかった。平井伯昌日本水連競泳委員長は「(追加選考が行われる)ジャパン・オープン(5月=東京)では、大幅に(代表入り選手が)増えることを期待したい」と、奮起を促した。

 今大会は萩野公介池江璃花子の男女のエースが不在。東京五輪に向けて選手層の底上げを図るため平井委員長は「コミュニケーションを取るためにも、なるべく集まってやる機会を増やしたい。固まって(練習を)やった方がいい」と、所属の垣根を越えた合同合宿を行うと明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る