歪んだ特権意識か…韓国プロ野球選手の飲酒運転なぜ相次ぐ

公開日: 更新日:

「日常茶飯事」と言ったら言い過ぎか。

 韓国プロ野球のサムスンライオンズは27日、パク・ハンイ外野手(40)が飲酒運転により接触事故を起こし、道義的責任があるとして現役引退を決めたと発表した。パク外野手は27日朝、子供を学校に送るために車を運転し、子供を降ろした後に接触事故を起こした。

 先月はSKワイバーンズのカン・スンホ内野手(25)が、飲酒運転で中央分離帯に衝突する事故を起こしながら球団に申告せず、翌日の二軍戦に出場していたことで球団は任意引退にすると発表。

 2月にはLGツインズのユン・デヨン内野手(25)がソウル市内で飲酒運転で捕まり、任意引退処分になった。

 大リーグ・パイレーツのスラッガー姜正浩(32)も2016年12月に3度目の飲酒運転でしかも物損事故を起こし、現場から逃走。就労ビザが取得できず、一時はメジャー復帰が絶望視された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る