歪んだ特権意識か…韓国プロ野球選手の飲酒運転なぜ相次ぐ

公開日: 更新日:

「日常茶飯事」と言ったら言い過ぎか。

 韓国プロ野球のサムスンライオンズは27日、パク・ハンイ外野手(40)が飲酒運転により接触事故を起こし、道義的責任があるとして現役引退を決めたと発表した。パク外野手は27日朝、子供を学校に送るために車を運転し、子供を降ろした後に接触事故を起こした。

 先月はSKワイバーンズのカン・スンホ内野手(25)が、飲酒運転で中央分離帯に衝突する事故を起こしながら球団に申告せず、翌日の二軍戦に出場していたことで球団は任意引退にすると発表。

 2月にはLGツインズのユン・デヨン内野手(25)がソウル市内で飲酒運転で捕まり、任意引退処分になった。

 大リーグ・パイレーツのスラッガー姜正浩(32)も2016年12月に3度目の飲酒運転でしかも物損事故を起こし、現場から逃走。就労ビザが取得できず、一時はメジャー復帰が絶望視された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る