メジャー姜正浩に性的暴行疑惑 シカゴでは美人局も横行か

公開日:  更新日:

 韓国人野手に婦女暴行容疑が持たれている。

 複数の米メディアによれば、パイレーツの姜正浩内野手(29)は6月17日のカブス戦後、出会い系アプリで知り合った23歳の女性をホテルに招いた。姜にすすめられた酒を飲んだ女性は15~20分間にわたって意識を失い、気付いた時には性的暴行を受けていたと、地元シカゴ警察に訴えた。

 捜査中であるため、警察、球団とも詳細を公表していないものの、韓国人スラッガーは、はめられた可能性も否定できないという。シカゴはメジャーの本拠地の中でも美人局が最も多く出没する都市として知られているからだ。

 最近ではヤンキースのスターリン・カストロのケースが有名だ。カブスに所属した12年1月、シカゴ市内のクラブでナンパした女と一夜を共にしたが、数日後に「強姦された」とシカゴ警察に告発。女は有名人を相手に詐欺まがいの行為を繰り返しており、カストロはまんまと相手の術中にはまったわけだ。後日、女性との間で和解が成立したが、この手の話は枚挙にいとまがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る