• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー姜正浩に性的暴行疑惑 シカゴでは美人局も横行か

 韓国人野手に婦女暴行容疑が持たれている。

 複数の米メディアによれば、パイレーツの姜正浩内野手(29)は6月17日のカブス戦後、出会い系アプリで知り合った23歳の女性をホテルに招いた。姜にすすめられた酒を飲んだ女性は15~20分間にわたって意識を失い、気付いた時には性的暴行を受けていたと、地元シカゴ警察に訴えた。

 捜査中であるため、警察、球団とも詳細を公表していないものの、韓国人スラッガーは、はめられた可能性も否定できないという。シカゴはメジャーの本拠地の中でも美人局が最も多く出没する都市として知られているからだ。

 最近ではヤンキースのスターリン・カストロのケースが有名だ。カブスに所属した12年1月、シカゴ市内のクラブでナンパした女と一夜を共にしたが、数日後に「強姦された」とシカゴ警察に告発。女は有名人を相手に詐欺まがいの行為を繰り返しており、カストロはまんまと相手の術中にはまったわけだ。後日、女性との間で和解が成立したが、この手の話は枚挙にいとまがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る