阪神“近本旋風”どこまで? マルチ21度目で気になる最終値

公開日: 更新日:

 交流戦でも勢いは止まらない。

 大腸がんから復帰した原口が九回に代打で登場。ダメ押しの適時二塁打でスタンドを沸かせたが、この男はこの日もまた打った。1番近本は初回に中前打で出塁すると、六回、九回にもヒットを放ち3安打1打点3得点をマーク。新人ながらマルチ安打は21となった。

 このペースなら1958年長嶋茂雄巨人)の48回を上回る可能性もあるが、もっかの打率は.312。ヒット量産を続ければ98年に坪井智哉が残した新人最高打率(.327=セパ2リーグ分立後)の更新も夢ではない。あるOBは「今のところは本当によくやってるよ。でも、そんな話をするのはまだ早い。新人だし疲れが出るのはこれからだからね」と言う。近本旋風どこまで続くか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る