レアードとほぼ同額 阪神マルテに100万ドルは高い買い物か

公開日: 更新日:

「調子を上げてきたのは間違いありませんが……」

 在京球団の元スコアラーがこういうのはマルテ(27)のことだ。

 3月のオープン戦中に右ふくらはぎの張りを訴え、二軍調整していた阪神の新助っ人は、4月29日の中日戦で一軍に昇格。「6番・一塁」でスタメン出場し初安打を記録。2日後の広島戦で初アーチを放つと、5月は計5本塁打。交流戦初戦もロッテ5番手レイビンの速球を左翼スタンドへ運んだ。守備の動きも日を追うごとによくなり、日本の野球に慣れてきた。

 しかし、昨年のロサリオ同様、多大な期待を寄せるのは禁物だ。

「ここまでの6本塁打のビデオを見た。いずれも真ん中付近の甘い球です。打球はすべてレフト方向。アッパースイングで思い切り引っ張ったものです。右投手なら内角へのシュート系の球と外角のボールになる変化球にフォーク。内角高めの球もうまく使えば、逆方向への意識がほとんどない典型的なプルヒッターなので、さほど怖さはない」(前出の元スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る