レアードとほぼ同額 阪神マルテに100万ドルは高い買い物か

公開日: 更新日:

「調子を上げてきたのは間違いありませんが……」

 在京球団の元スコアラーがこういうのはマルテ(27)のことだ。

 3月のオープン戦中に右ふくらはぎの張りを訴え、二軍調整していた阪神の新助っ人は、4月29日の中日戦で一軍に昇格。「6番・一塁」でスタメン出場し初安打を記録。2日後の広島戦で初アーチを放つと、5月は計5本塁打。交流戦初戦もロッテ5番手レイビンの速球を左翼スタンドへ運んだ。守備の動きも日を追うごとによくなり、日本の野球に慣れてきた。

 しかし、昨年のロサリオ同様、多大な期待を寄せるのは禁物だ。

「ここまでの6本塁打のビデオを見た。いずれも真ん中付近の甘い球です。打球はすべてレフト方向。アッパースイングで思い切り引っ張ったものです。右投手なら内角へのシュート系の球と外角のボールになる変化球にフォーク。内角高めの球もうまく使えば、逆方向への意識がほとんどない典型的なプルヒッターなので、さほど怖さはない」(前出の元スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る