“卒検”炎上も昇格と先発決定 日ハムの勝算と輝星の心技体

公開日: 更新日:

 二軍でもメッタ打ちにされた高卒新人を、なぜ一軍で起用するのか? という声が上がるのはある意味、当然かもしれない。

 日本ハムの栗山監督が昨5日、ヤクルト戦の試合前にドラフト1位ルーキーの吉田輝星(18=金足農)を、12日の対広島戦(札幌ドーム)で先発させると明言したからだ。

 吉田は4日のイースタン・リーグ巨人戦に先発して3回を6安打6失点。昇格前の最終テストともいうべき舞台で結果を出せなかったにもかかわらず、当初の予定通り昇格することになった。

 栗山監督は「どうしてもチームに先発投手が欲しかった」と話した。ローテーションの谷間という事情に加えて、スター候補のドラフト1位に経験を積ませる狙いもあるにはあるだろう。

■「勝てるだけの真っすぐ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る