大腸がんと戦う虎原口の闘志とサヨナラ打までの“紆余曲折”

公開日: 更新日:

「僕の活躍が力になるとすれば、僕もこうやって生きて野球をやれる意味があると思う。これからも、さらに頑張っていきたいと思います」

 9日、日本ハム戦でサヨナラ打を放った阪神の原口文仁(27)が、涙ぐみながらファンに思いの丈を伝えた。

 同点で迎えた九回、2死一、三塁の場面で代打で登場。阪神ファンの大歓声を背に、中前安打を放った。これには、矢野監督もテレビインタビューで「めちゃくちゃ感動しました。自分自身こみ上げるものがあった」と思わず男泣きしたほどだ。

 原口は昨年の人間ドックで大腸がんが発覚。1月31日に手術を受け、1週間後の2月6日に退院。3月7日に二軍に合流し、鳴尾浜の室内でトレーニングを始めると、5月8日には実戦復帰。6月4日のロッテ戦から一軍昇格を果たすと、いきなり代打で適時二塁打を放った。手術からわずか5カ月という短期間での復活劇となったが、さる阪神OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る