大腸がんと戦う虎原口の闘志とサヨナラ打までの“紆余曲折”

公開日: 更新日:

「僕の活躍が力になるとすれば、僕もこうやって生きて野球をやれる意味があると思う。これからも、さらに頑張っていきたいと思います」

 9日、日本ハム戦でサヨナラ打を放った阪神原口文仁(27)が、涙ぐみながらファンに思いの丈を伝えた。

 同点で迎えた九回、2死一、三塁の場面で代打で登場。阪神ファンの大歓声を背に、中前安打を放った。これには、矢野監督もテレビインタビューで「めちゃくちゃ感動しました。自分自身こみ上げるものがあった」と思わず男泣きしたほどだ。

 原口は昨年の人間ドックで大腸がんが発覚。1月31日に手術を受け、1週間後の2月6日に退院。3月7日に二軍に合流し、鳴尾浜の室内でトレーニングを始めると、5月8日には実戦復帰。6月4日のロッテ戦から一軍昇格を果たすと、いきなり代打で適時二塁打を放った。手術からわずか5カ月という短期間での復活劇となったが、さる阪神OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る