山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

落ちた奪三振率 阪神メッセンジャーに忍び寄る37歳の衰え

公開日: 更新日:

 昭和中期の阪急などで活躍した通算350勝の大投手・米田哲也は、ガソリンタンクと呼ばれた驚異的なタフネスで名を轟かせたという。確かに年間300投球回以上や20完投以上を何度もクリアしているのだから、すさまじいスタミナの持ち主だったのだろう。

 現代プロ野球は投手の起用法が大きく変質したため、このガソリンタンクのような投手はいなくなったわけだが、それでも一番近い存在を挙げるとしたら、阪神のランディ・メッセンジャーではないか。私は阪神ファンだから親しみを込めてメッセと書くが、メッセは2010年に阪神に入団し翌年に先発ローテに定着して以来、毎年フル回転。時には中4日の先発を直訴するタフネスぶりでリーグ最多投球回を3度、最多完投を2度記録しているが、それより特筆すべきは長期に及ぶローテ離脱がほとんどない点だろう。10年から昨年までの通算投球回数1527回3分の1は同期間では12球団最多。平成終盤に日本球界で最もマウンドに立った投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

もっと見る