山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

落ちた奪三振率 阪神メッセンジャーに忍び寄る37歳の衰え

公開日: 更新日:

 昭和中期の阪急などで活躍した通算350勝の大投手・米田哲也は、ガソリンタンクと呼ばれた驚異的なタフネスで名を轟かせたという。確かに年間300投球回以上や20完投以上を何度もクリアしているのだから、すさまじいスタミナの持ち主だったのだろう。

 現代プロ野球は投手の起用法が大きく変質したため、このガソリンタンクのような投手はいなくなったわけだが、それでも一番近い存在を挙げるとしたら、阪神のランディ・メッセンジャーではないか。私は阪神ファンだから親しみを込めてメッセと書くが、メッセは2010年に阪神に入団し翌年に先発ローテに定着して以来、毎年フル回転。時には中4日の先発を直訴するタフネスぶりでリーグ最多投球回を3度、最多完投を2度記録しているが、それより特筆すべきは長期に及ぶローテ離脱がほとんどない点だろう。10年から昨年までの通算投球回数1527回3分の1は同期間では12球団最多。平成終盤に日本球界で最もマウンドに立った投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る