初登板初勝利も直球勝負 日ハム輝星“賭け”に勝ちっぱなし

公開日: 更新日:

 ピンチになろうが、お構いなしに自慢のストレートで押しまくった。

 12日、日本ハムの吉田輝星(18)が広島戦でプロ初先発。5回1失点でプロ初勝利を挙げた。

 昨年の秋、吉田は「後悔のないような道を選びたい」と言って、プロ入りを決断した。夏の甲子園で881球を投げ抜き準優勝。「金足農旋風」を巻き起こした右腕はすでに、八戸学院大への進学が内定していた。同大の正村監督は、定期的に指導を受けた“師匠的”存在。決め球のスライダーを伝授されるなど、高校トップクラスの投手に引き上げてもらった恩があった。甲子園前にはその正村監督と、吉田と同監督をつないだ金足農元監督の嶋崎久美氏、そして金足農の中泉一豊監督との四者面談で、ハッキリと「大学へ行きます」と口にした。

 吉田の意思表明を受けて、大学側は授業料、寮費、遠征費などすべてをバックアップする「スーパー特待生」として迎え入れる準備を整えたが、甲子園後に吉田の気持ちが一変する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る