初登板初勝利も直球勝負 日ハム輝星“賭け”に勝ちっぱなし

公開日: 更新日:

 ピンチになろうが、お構いなしに自慢のストレートで押しまくった。

 12日、日本ハム吉田輝星(18)が広島戦でプロ初先発。5回1失点でプロ初勝利を挙げた。

 昨年の秋、吉田は「後悔のないような道を選びたい」と言って、プロ入りを決断した。夏の甲子園で881球を投げ抜き準優勝。「金足農旋風」を巻き起こした右腕はすでに、八戸学院大への進学が内定していた。同大の正村監督は、定期的に指導を受けた“師匠的”存在。決め球のスライダーを伝授されるなど、高校トップクラスの投手に引き上げてもらった恩があった。甲子園前にはその正村監督と、吉田と同監督をつないだ金足農元監督の嶋崎久美氏、そして金足農の中泉一豊監督との四者面談で、ハッキリと「大学へ行きます」と口にした。

 吉田の意思表明を受けて、大学側は授業料、寮費、遠征費などすべてをバックアップする「スーパー特待生」として迎え入れる準備を整えたが、甲子園後に吉田の気持ちが一変する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る