チリ戦に先発も不発0-4惨敗…久保建英を待つ“イバラの道”

公開日: 更新日:

 日本代表の森保監督は、日本時間18日午前8時キックオフの南米選手権初戦・チリ戦にスペインの名門レアル・マドリード移籍が決まっている18歳MF久保建英を先発で起用した。18歳13日は日本人最年少のA代表公式大会出場。金田喜稔の最年少ゴール記録(19歳119日)の更新が期待された。

 攻撃的右サイドからトップ下を受け持った久保は前半12分、巧みなフェイントでスタンドを沸かせた。相手ゴールに背を向けた状態でボールを受ける際、相手アンカーのMFプルガルがマークにつく瞬間を見計らい、フェイントを織り交ぜながら体を入れ替え、プルガルを置き去りにして相手陣地をドリブル突破。最後のラストパスは、FW上田がタイミングを合わせ損なったが、レアルが高く評価するアジリティー(俊敏性)をいかんなく発揮した場面だった。

 リードを2点に広げられた後半20分、久保が初シュートを放った。左サイドでパスを受けてペナルティーエリア内にドリブルで侵入。MFビダル、MFメデルをヒラリとかわし、利き足の左足を強振した。しかしボールは左サイドネット外。ポーカーフェースが身上の久保にしては珍しく、両手でピッチの芝を叩いて悔しがった。結局、久保が放ったシュートはこの1本だけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る