巨人熾烈な4番争い 正念場の岡本を“恐怖の2番”坂本脅かす

公開日: 更新日:

 巨人の岡本和真(22)に元気がない。

 2日の中日戦はいずれも走者がいる場面で4タコ。これまで9本塁打、32打点だが、中日との3連戦は10打数1安打で、打率は.246に降下した。

 守備位置は相変わらずたらい回しだ。開幕時は一塁。ここのところは三塁を守っていたが、主に三塁、一塁を守るビヤヌエバが2日前に一軍に昇格したため、玉突きのような形で今季初めて左翼に回った。この日は見せ場もなく、八回表の途中、原監督が投手交代をする際に一緒に交代を命じられ、ベンチで悔しそうな表情を見せた。

■15年には48試合で「4番」を

 “あの日”からちょうど1年の記念日だった。昨年6月2日のオリックス戦でプロ初の4番(第89代)で起用され、以降はその座を守った。高橋由伸監督から原監督に代わった今季も、開幕から全51試合で4番に入ってきたが、いよいよその座も危うくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る