広島・中村奨 実戦復帰初戦で頭部死球の踏んだり蹴ったり

公開日: 更新日:

 単なる不運で片付けていいものか。

 18日、広島の高卒2年目捕手、中村奨成(20)が二軍戦で左側頭部に死球を食らい、負傷退場となった。

 場所は鳴尾浜球場。これだけ聞けば、藤浪の被害者がまたひとり……と思いがちだが、そうではない。確かにこの日は藤浪が先発したものの、7回10安打3失点2四球で降板。中村奨にぶつけたのは、八回からマウンドに上がったドラ4ルーキーの斎藤(24)だった。

 担架で運ばれた中村奨は自分の足で救急車に乗り込むも、箇所が箇所だけに楽観視はできない。

 中村奨はとにかくアクシデントによる負傷が多い。昨秋のキャンプではフェニックスリーグの試合に出場中、左ヒザに自打球を当て負傷。今春のキャンプでも序盤に右肋骨を疲労骨折し、無念の離脱となった。それから約4カ月、実戦復帰初戦となった阪神戦で頭にぶつけられた。まさに踏んだり蹴ったりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る