広島・小園が初打席初安打 恩師が明かす勝負強さの“原点”

公開日: 更新日:

「本当にうれしい限りです。こんなチャンスはなかなかない。チームが苦しい状態なので、流れを変えて欲しいと思いますね」

 こう言ったのは、報徳学園(兵庫)の大角健二監督(39)。教え子で、広島ドラフト1位ルーキー、小園海斗(19)に関してだ。

 20日のロッテ戦に「1番・遊撃」でプロ初スタメン。初回の第1打席でいきなり左前打を放った。

 広島の高卒新人野手のプロ初出場初先発初打席初安打は前田智徳以来29年ぶり。出塁直後、パスボールの間に、すかさず二塁へ。得点に絡まない失策はあったものの、守備でも軽快な動きを見せた。

「昔は空気に乗っかるタイプだったんです。自分の結果に左右されてイライラしたり、精神的にも子供の部分があった。叱ったこと、注意したことは数え切れません(笑い)。3年生の春、練習試合で見逃し三振をして、ふてくされてベンチに帰ってきたことがあったんです。それを見て私が注意したんですが、その後もまた態度がプレーに表れていた。そうしたら、キャプテン(神頭勇介)が小園に『出て行け!』と。試合中、キャプテンが私のところに来て『小園を交代させてください』と言ってきたんです。2人は中学のときから同じチーム(枚方ボーイズ)でやっていて、仲が良かったからこそ言ったんだと思います。その頃から、チームがしんどいときにホームランを打ったり、打てなくても守備や走塁で貢献したりして、感情も表に出さなくなりました」(大角監督)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき