日ハム輝星はお墨付き 一軍定着を確実にした“肉体の秘密”

公開日: 更新日:

 一軍定着が現実味を帯びてきた。先日、プロ初登板初勝利を挙げた日本ハムのルーキー・吉田輝星(18)のことだ。

 12日の広島戦は全84球中、ストレートが約8割を占める極端な投球だったにもかかわらず、5回4安打1失点の好投。スピンの効いた速球は、ときに打者の手元で鋭く横滑りし、広島の強力打線を翻弄した。

 吉田はそれまで二軍で4回3分の0が最長だったが、一軍初登板で更新した。二軍の首脳陣からは「100球は投げられる」と体力面のお墨付きをもらってもいる。栗山監督も18日のDeNA戦前に、「(登板前は)体がバリバリになってしばらくダメかなと思ったけど、思ったより大丈夫そう。投げる体力はある投手だということは間違いはない」と改めて評価した。

 日本ハムOBが言う。

「現時点でストレートの質は高校時代よりいいそうです。球速は最速147キロで、昨夏の甲子園での150キロには及ばないものの、回転数は高校時代に計測したものより上だと聞きました。ランニングやウエートメニューなどから見た基礎体力も、すでに一軍クラス。鍛えたら鍛えた分だけ筋肉がつく体質で、体脂肪とのバランスや柔軟性を失わないように気をつけながら、トレーニングを積んでいる。二軍寮では休日もウエートルームにこもり、室内練習場でも体を動かしていた。選手名鑑の体重は84キロですが、いまはそれより2~3キロは増えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る