米ドラ1指名スチュワート ソフトB入りは「ベストな選択」

公開日: 更新日:

 米大リーグのドラフト上位候補の右腕が日本でプレーする。

 日本のソフトバンクへの入団を決めたカーター・スチュワート投手(19=東フロリダ州立短大)が30日(日本時間31日)、カリフォルニア州ニューポートビーチで会見。米球団を蹴ってソフトバンク入りを決断したことに「自分にとってベストだと思う選択をした」と話した。

 会見には代理人のスコット・ボラス氏、ソフトバンク・三笠杉彦GMが同席。背番号「2」のユニホームに袖を通した右腕は「考えれば考えるほど、素晴らしい機会だと思った」と笑顔を見せた。

 複数の米メディアによれば、スチュワートは6年契約で、年俸総額700万ドル(約7億7000万円)。近日中にも来日して6月3日に福岡市内で入団会見に臨む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る