なでしこPK献上でオランダに惜敗 W杯16強止まり今後の課題

公開日: 更新日:

 フランスで開催中の女子W杯の決勝トーナメント1回戦でなでしこジャパン(世界ランキング7位)は、17年欧州選手権優勝の強豪オランダ(8位)と対戦。試合終了前のPK献上によって1―2で敗れ、ベスト8進出を逃してしまった。

 日本は前半17分に先制され、その後も苦しい展開が続いたが、43分に見事な同点弾が生まれた。

 左サイドからMF杉田が持ち込み、ペナルティーエリア内でパスを受けたFW菅沢がポスト役をこなし、マイナスのボールをMF岩渕が右足内側を使ったトリッキーなトラップで相手選手をかわし、走り込んだMF長谷川に合わせて絶妙ラストパス。GKの動きを読んだ長谷川が、冷静にゴール右に流し込んだ。

 後半に入ると、なでしこは18分のMF中島の左足シュート、25分の岩渕―長谷川ラインによるシュート、31分の交代出場MF籾木の右ポスト直撃シュート、34分の杉田のクロスバー直撃シュートなど決定機を次々に生み出していったが、決めきれないツケが回り、44分に主将DF熊谷がハンドの反則を犯して想定外のPK献上。1―2で逃げ切られて11年ドイツ大会優勝、15年カナダ大会準優勝のなでしこジャパンはベスト8入りを逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  3. 3

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  4. 4

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  7. 7

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  8. 8

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る