なでしこ完敗…強豪イングランドに“受け身の守備”がアダ

公開日: 更新日:

 フランスで開催中のサッカー女子W杯で世界ランク7位のなでしこジャパンは、グループリーグD組1位をかけて同ランク3位のイングランド女子代表と対戦(日本時間20日午前4時キックオフ)。0―2と世界ランク通りの実力差を見せつけられた。

 この試合は左MFに遠藤、右MFに小林とFW登録選手が先発。右MFが主戦場のMF中島が守備的MFに入った。FWを多く先発させる攻撃的布陣が機能しなかった。

 守備からボールを奪って攻撃に転じる際のリズムが悪く、優勝候補イングランドに終始、試合の流れを握られてしまった。結局〈勝てばD組1位〉の試合を落とし、決勝トーナメント1回戦でなでしこは、グループリーグE組同5位のカナダ、もしくは同8位のオランダと顔を合わせることになった。

 D組を1勝1分け1敗で通過したなでしこに勝ち上がる秘策はあるのか? 日本女子初代専任監督の鈴木良平氏が「スコアの上では完敗でしたが、大きなポテンシャルを秘めていることに変わりはない。イングランド戦の敗戦を必要以上に悲観することなく、決勝トーナメント以降は、よりアグレッシブに戦ってほしい」と前置きしながらこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る