デラロサ加入の一方で…原監督を悩ます“塩漬け”助っ人たち

公開日: 更新日:

 巨人の新外国人、ルビー・デラロサ(30=ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ)が、新たな火種になるかもしれない。

 最速159キロ右腕は、今季3Aで18試合に登板。2015年には先発で14勝を挙げているが、最近は主に中継ぎを務めた。巨人では「勝利の方程式」や「抑え」での起用が見込まれる。デラロサは「与えられたポジションで仕事をしたい」と腕まくり。大塚球団副代表は「メジャー26勝で先発もできる。今年はリリーフ専念だが、来年以降は先発も視野に入れて獲得した」と27日の会見で説明している。

 年俸は3000万円(推定)。球団がオプションを持つ来季の契約も視野に入れている。これで支配下だけで9人の外国人選手が在籍することになり、真っ先に“お役御免”となりそうなのは、開幕守護神のクックである。0勝2敗6セーブ、防御率5.40。走者が出てからのセットポジションに課題があり、現在は二軍でクイックモーションを習得している。27日に原監督が視察した二軍のロッテ戦に登板したものの、3分の2回を3安打1死球2失点とパッとせず。原監督はその前日、「クイックの練習? 一言で言うなら、もっと早く気付かないといけないよね」とクックを突き放していた。右内転筋の軽い肉離れで同じく抹消中のマシソンは近日中に復帰予定。他の助っ人投手に押し出されたクックは、このまま二軍で塩漬けとなる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

もっと見る