セ首位堅持で再評価 G原監督が手にする10年政権“約束手形”

公開日: 更新日:

「改めて、原監督の存在感、手腕を評価する声が上がっていますね」

 読売関係者がこう言った。4年ぶりに原辰徳監督(60)が復帰した巨人は、交流戦をセでトップの3位で乗り切り、リーグの首位を堅持して、28日に再開される(巨人は29日から)ペナントレースに臨む。高橋由伸前監督が率いて2位、4位、3位と苦戦したチームを浮上させた手腕もさることながら、

「例えば読売グループ系列のスポーツ報知の売り上げも伸びている。スポーツ紙が軒並み部数減に頭を抱える中、前年比100%を超える日が珍しくなく、これは原監督への期待感、その情報発信力によるものが大きいとみられている。開幕前に(読売グループ本社代表取締役の)渡辺主筆は、3年契約を結んだ原監督に『向こう10年くらいは頑張ってもらう』と言っていた。10年はさすがにどうかわかりませんが、このままリーグ優勝、日本一となれば、10年続いた第2次政権に匹敵する長期政権になる可能性があるとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る