セ首位堅持で再評価 G原監督が手にする10年政権“約束手形”

公開日: 更新日:

「改めて、原監督の存在感、手腕を評価する声が上がっていますね」

 読売関係者がこう言った。4年ぶりに原辰徳監督(60)が復帰した巨人は、交流戦をセでトップの3位で乗り切り、リーグの首位を堅持して、28日に再開される(巨人は29日から)ペナントレースに臨む。高橋由伸前監督が率いて2位、4位、3位と苦戦したチームを浮上させた手腕もさることながら、

「例えば読売グループ系列のスポーツ報知の売り上げも伸びている。スポーツ紙が軒並み部数減に頭を抱える中、前年比100%を超える日が珍しくなく、これは原監督への期待感、その情報発信力によるものが大きいとみられている。開幕前に(読売グループ本社代表取締役の)渡辺主筆は、3年契約を結んだ原監督に『向こう10年くらいは頑張ってもらう』と言っていた。10年はさすがにどうかわかりませんが、このままリーグ優勝、日本一となれば、10年続いた第2次政権に匹敵する長期政権になる可能性があるとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る