広島・小園が登録抹消 二軍落ちを決定づけた「1歩目の壁」

公開日: 更新日:

 二軍で出直しとなった。

 1日、広島の小園海斗(19)が登録を抹消された。一軍に昇格したのは先月20日のロッテ戦。フルイニング出場を続けていた田中広輔を押しのけ「1番・遊撃」でスタメン出場すると、広島の高卒新人野手としては前田智徳以来、29年ぶりの初打席初安打をマークした。

 非凡な打撃センスを見せた一方で、守備ではエラーを連発。先発した3試合で4失策と精彩を欠き、23日の代走出場を最後にベンチを温めていた。

 山田内野守備走塁コーチも、1週間以上実戦から離れるルーキーについてこう話していた。

「(一軍でのエラーも)本人にとってはいい経験になったと思う。やっぱりオープン戦や二軍とは違うんだと分かったと思う。でも、これからは(一軍に帯同しているだけより)やっぱりゲームに出ないとダメでしょ。練習だけじゃなく実戦でやっていかないと。バッティングは良かったし、守備が打撃に影響するタイプじゃない。ファームでもいろいろと教わっているだろうし、守備に関して僕が言ったのは1歩目、入りの部分くらい。エラーしてしまったことで、(それ以降のプレーで)少し足が硬くなっていた。基本的なことだけど、その1歩目を繰り返しね。(小園には)『思い切りの良さはなくすな』と言ったんだ。せっかくの良さをなくすのは、もったいないと思うから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る