広島・大瀬良 佐々岡コーチが指摘する“大乱調”の要因は2つ

公開日: 更新日:

 交流戦は最下位と苦戦を強いられた広島。28日に再開したリーグ戦初戦は、DeNA相手に5本塁打を浴びて13失点の大敗を喫した。

 広島は交流戦が始まった2005年以降、リーグ戦再開初戦は5連勝中だったが、この日先発した大瀬良大地(28)が大誤算だった。5回途中で今季最多の7失点。3本塁打を浴びたエースが、ジンクスをブチ壊した。

 大瀬良はリーグ戦は5勝2敗と好調だったが、交流戦で失速。3試合で6発を浴び、1勝2敗と苦しんだ。原因は強打者の多いパ・リーグ相手だから、というわけではなさそうだ。

 佐々岡投手コーチに聞くと、こう言った。

「問題だったのは、この前(19日のロッテ戦で浴びた4本)の本塁打くらいでしたけど、悪い時はやっぱりフォームに問題がありました。体の開きが早く、ボールが見やすくなっていた。間が取れないと力任せにいく感じがあったし、速いボール(直球)とカット(ボール)に頼ってそればかりが主となる偏った点もあった。緩急を使いながら、あらゆる球種を駆使しないと、相手に外角を狙われる。インコースもしっかり攻めきれていなかった。よく言う『1、2、3』ではなく『1、2“の”3』で投げて、相手のタイミングを取りづらくしないと。キャッチボールから意識しないと悪いところが出てしまう」

 大黒柱がこれでは、広島はしばらく苦しい戦いを強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る