広島・大瀬良 佐々岡コーチが指摘する“大乱調”の要因は2つ

公開日: 更新日:

 交流戦は最下位と苦戦を強いられた広島。28日に再開したリーグ戦初戦は、DeNA相手に5本塁打を浴びて13失点の大敗を喫した。

 広島は交流戦が始まった2005年以降、リーグ戦再開初戦は5連勝中だったが、この日先発した大瀬良大地(28)が大誤算だった。5回途中で今季最多の7失点。3本塁打を浴びたエースが、ジンクスをブチ壊した。

 大瀬良はリーグ戦は5勝2敗と好調だったが、交流戦で失速。3試合で6発を浴び、1勝2敗と苦しんだ。原因は強打者の多いパ・リーグ相手だから、というわけではなさそうだ。

 佐々岡投手コーチに聞くと、こう言った。

「問題だったのは、この前(19日のロッテ戦で浴びた4本)の本塁打くらいでしたけど、悪い時はやっぱりフォームに問題がありました。体の開きが早く、ボールが見やすくなっていた。間が取れないと力任せにいく感じがあったし、速いボール(直球)とカット(ボール)に頼ってそればかりが主となる偏った点もあった。緩急を使いながら、あらゆる球種を駆使しないと、相手に外角を狙われる。インコースもしっかり攻めきれていなかった。よく言う『1、2、3』ではなく『1、2“の”3』で投げて、相手のタイミングを取りづらくしないと。キャッチボールから意識しないと悪いところが出てしまう」

 大黒柱がこれでは、広島はしばらく苦しい戦いを強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

  3. 3
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

もっと見る

  1. 6
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 7
    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

  3. 8
    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ

    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ