広島・大瀬良 佐々岡コーチが指摘する“大乱調”の要因は2つ

公開日: 更新日:

 交流戦は最下位と苦戦を強いられた広島。28日に再開したリーグ戦初戦は、DeNA相手に5本塁打を浴びて13失点の大敗を喫した。

 広島は交流戦が始まった2005年以降、リーグ戦再開初戦は5連勝中だったが、この日先発した大瀬良大地(28)が大誤算だった。5回途中で今季最多の7失点。3本塁打を浴びたエースが、ジンクスをブチ壊した。

 大瀬良はリーグ戦は5勝2敗と好調だったが、交流戦で失速。3試合で6発を浴び、1勝2敗と苦しんだ。原因は強打者の多いパ・リーグ相手だから、というわけではなさそうだ。

 佐々岡投手コーチに聞くと、こう言った。

「問題だったのは、この前(19日のロッテ戦で浴びた4本)の本塁打くらいでしたけど、悪い時はやっぱりフォームに問題がありました。体の開きが早く、ボールが見やすくなっていた。間が取れないと力任せにいく感じがあったし、速いボール(直球)とカット(ボール)に頼ってそればかりが主となる偏った点もあった。緩急を使いながら、あらゆる球種を駆使しないと、相手に外角を狙われる。インコースもしっかり攻めきれていなかった。よく言う『1、2、3』ではなく『1、2“の”3』で投げて、相手のタイミングを取りづらくしないと。キャッチボールから意識しないと悪いところが出てしまう」

 大黒柱がこれでは、広島はしばらく苦しい戦いを強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る