虎と契約間近“新大砲”ソラルテはマルテよりHR打てるのか

公開日: 更新日:

「マルテが見限られたということです」

 阪神OBがこう言ったのは、新助っ人の獲得が時間の問題になったからだ。

 4日のスポーツ紙は一斉に、昨季までメジャーで5年連続2ケタ本塁打をマークしたヤンゲルビス・ソラルテ内野手(32=マーリンズ傘下3A)と阪神の契約合意が近いと報じた。

 オープン戦中に右ふくらはぎの張りを訴え出遅れた新助っ人のマルテは4月下旬に一軍昇格したものの、前日まで45試合で打率.273、6本塁打、26打点。

「球団としては期待したホームランが量産できないことはわかっていた。でも、一軍で使わないうちにダメとは言えない。100打席(前日まで178打席)以上たって6本塁打ですから『やっぱり』となったのでしょう」(前出のOB)

 ならば、契約合意が間近と言われるソラルテは甲子園でポンポン、ホームランが打てるのか。メジャー球界に詳しい友成那智氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る