虎と契約間近“新大砲”ソラルテはマルテよりHR打てるのか

公開日: 更新日:

「マルテが見限られたということです」

 阪神OBがこう言ったのは、新助っ人の獲得が時間の問題になったからだ。

 4日のスポーツ紙は一斉に、昨季までメジャーで5年連続2ケタ本塁打をマークしたヤンゲルビス・ソラルテ内野手(32=マーリンズ傘下3A)と阪神の契約合意が近いと報じた。

 オープン戦中に右ふくらはぎの張りを訴え出遅れた新助っ人のマルテは4月下旬に一軍昇格したものの、前日まで45試合で打率.273、6本塁打、26打点。

「球団としては期待したホームランが量産できないことはわかっていた。でも、一軍で使わないうちにダメとは言えない。100打席(前日まで178打席)以上たって6本塁打ですから『やっぱり』となったのでしょう」(前出のOB)

 ならば、契約合意が間近と言われるソラルテは甲子園でポンポン、ホームランが打てるのか。メジャー球界に詳しい友成那智氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る