名門以外でも8強入り…共通点は「初戦敗退」の連続出場校

公開日: 更新日:

 夏の甲子園で上位に進出するには優れた指導者が、素質ある生徒を、恵まれた環境で鍛えるのが近道。準々決勝に残る顔ぶれが例年、似たり寄ったり、甲子園でも名の知れた野球名門校ばかりになるのはある意味、当然だ。

 しかし、“穴”をあける学校も中にはある。ここ3年の夏の甲子園で8強に進出した学校のうち、スポーツマスコミの予想以上に健闘したところはどこかと関東のある強豪校監督に尋ねると、「昨年の下関国際(山口)、一昨年の三本松(香川)、3年前の鳴門(徳島)」という。

 この3校のうち、下関国際と鳴門には共通点がある。下関国際は前年夏から3季連続出場で、過去2回はいずれも初戦敗退。鳴門に至っては5年連続出場で、前年まで2年連続初戦負け。ともに続けて甲子園に出場しているものの、出ると負けでマスコミの評価を落としていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  8. 8

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る