横綱対決で鶴竜に完敗…衰え顕著で白鵬批判ますます高まる

公開日: 更新日:

 栄光を誇示する背中の文字がむなしかった。

 勝てば優勝決定戦という結びの一番で横綱鶴竜(33)に寄り切られ、43度目の賜杯を逃した白鵬(34)は、浴衣の下に【最多勝利 1048勝 達成】と背面に派手な刺繍を入れた下着をつけて会場を後にした。

 休場明けの今場所は9日目にモンゴルの後輩逸ノ城に一方的に寄り切られ、鶴竜に1敗で並んだ14日目には通算56勝6敗の琴奨菊にもろ差しを許してなす術なく土俵を割った。この日の鶴竜戦を前に相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は、「白鵬に2番取る気持ちがあるかどうか」と本割に勝って優勝決定戦に持ち込む気力の有無を問うていたが、四つに組みながら力負けした。

 2017年3月場所から今年5月場所までの14場所で休場すること8度(途中休場を含む)。故障はもちろん、年齢からくる衰えを指摘されることが増えた。21日のスポニチでは荒磯親方(元横綱稀勢の里)が「相撲内容全てを含め、千秋楽は鶴竜がかなり有利ではないかとみています」、日刊スポーツでは高砂親方(元大関朝潮)が「今場所の白鵬の相撲そのものが粗いというか目いっぱいという印象」とシビアに指摘していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る