炎鵬は最軽量99キロ 横綱白鵬の内弟子に“小兵”が多いワケ

公開日: 更新日:

 偶然なのか、それとも狙いがあるのか。

 5月場所で幕内デビューを果たした炎鵬(24)が、さる1日、自身の幕内昇進祝賀会に出席した。新入幕となった5月場所は7勝8敗と負け越したものの、168センチ、99キロという幕内最軽量の体格を生かし、スピードで対戦相手を翻弄。平均体重163.9キロの幕内で、存在感を発揮した。

 炎鵬は横綱白鵬(34)の3人いる内弟子のひとり。182.5センチ、149.2キロの山口(30)はともかく、石浦(29)も174センチ、115キロと小柄だ。

 小兵力士はケガに悩まされるケースが多く、炎鵬も13日目に右太もも裏を負傷した。小柄な力士はスピードで勝る半面、パワーでは太刀打ちできず、安定した相撲を取りにくい。無理に残そうとしたり、強引に投げを打って、足腰をケガした例は数知れず。平均体重が今ほどではなかった昔ならともかく、このご時世で出世は難しいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る