炎鵬は最軽量99キロ 横綱白鵬の内弟子に“小兵”が多いワケ

公開日: 更新日:

 偶然なのか、それとも狙いがあるのか。

 5月場所で幕内デビューを果たした炎鵬(24)が、さる1日、自身の幕内昇進祝賀会に出席した。新入幕となった5月場所は7勝8敗と負け越したものの、168センチ、99キロという幕内最軽量の体格を生かし、スピードで対戦相手を翻弄。平均体重163.9キロの幕内で、存在感を発揮した。

 炎鵬は横綱白鵬(34)の3人いる内弟子のひとり。182.5センチ、149.2キロの山口(30)はともかく、石浦(29)も174センチ、115キロと小柄だ。

 小兵力士はケガに悩まされるケースが多く、炎鵬も13日目に右太もも裏を負傷した。小柄な力士はスピードで勝る半面、パワーでは太刀打ちできず、安定した相撲を取りにくい。無理に残そうとしたり、強引に投げを打って、足腰をケガした例は数知れず。平均体重が今ほどではなかった昔ならともかく、このご時世で出世は難しいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る