白鵬が逸ノ城に完敗初黒星…“ひと場所休場”では休養足りず

公開日: 更新日:

 まだ結びの一番を残しているのに、それでも座布団が宙に舞った。

 15日、横綱白鵬(34)が今場所初黒星。モンゴルの後輩、逸ノ城に“完敗”した。

 ふわっとした立ち合いで当たると、いきなり逸ノ城に前みつを取られる展開。まわしを引きつけて前に出る逸ノ城に抵抗らしい抵抗もできず、あっさりと土俵を割った。

 支度部屋では「横綱でも、ちょっとのミスで負ける」と、渋面の白鵬。それにしても、前日までの気迫のこもった立ち合いとは一転、まるで別人のようだ。

 ある親方は「立ち合いでもろ差しを狙ったという意見もあるが……」と、こう話す。

「確かに逸ノ城は懐に入られると弱い。もろ差しなら、一気に寄り切れる可能性はあった。ただ、それにしては何の策もない。最初から腰も高かった。本当にもろ差し狙いなら、あまりに相手をナメすぎです。もしかして、どこかケガでもして、力が出なかったのではないか。気になるのが、昨日(14日)の正代戦です。白鵬は引き落としで勝ったが、最後は自身も前に落ち、倒れた正代の体に両手をついた。全体重が両腕にかかったような感じで、勝ち名乗りを受けているときも右ヒジを気にしている様子でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る