白鵬が逸ノ城に完敗初黒星…“ひと場所休場”では休養足りず

公開日: 更新日:

 まだ結びの一番を残しているのに、それでも座布団が宙に舞った。

 15日、横綱白鵬(34)が今場所初黒星。モンゴルの後輩、逸ノ城に“完敗”した。

 ふわっとした立ち合いで当たると、いきなり逸ノ城に前みつを取られる展開。まわしを引きつけて前に出る逸ノ城に抵抗らしい抵抗もできず、あっさりと土俵を割った。

 支度部屋では「横綱でも、ちょっとのミスで負ける」と、渋面の白鵬。それにしても、前日までの気迫のこもった立ち合いとは一転、まるで別人のようだ。

 ある親方は「立ち合いでもろ差しを狙ったという意見もあるが……」と、こう話す。

「確かに逸ノ城は懐に入られると弱い。もろ差しなら、一気に寄り切れる可能性はあった。ただ、それにしては何の策もない。最初から腰も高かった。本当にもろ差し狙いなら、あまりに相手をナメすぎです。もしかして、どこかケガでもして、力が出なかったのではないか。気になるのが、昨日(14日)の正代戦です。白鵬は引き落としで勝ったが、最後は自身も前に落ち、倒れた正代の体に両手をついた。全体重が両腕にかかったような感じで、勝ち名乗りを受けているときも右ヒジを気にしている様子でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る