燕バレも呆れた監督の暴力「僕は体験したことはない」

公開日: 更新日:

「暴力は選手に対するリスペクトが欠けている行為のひとつ。アメリカでは見たことも、体験したこともない」

 ヤクルトの主砲、ウラディミール・バレンティン(35)がこう言った。

 さる24日に明るみに出た、広島緒方孝市監督(50)による野間峻祥(26)への暴力行為についてだ。

 7月15日付で指揮官を厳重注意処分とした球団によれば、緒方監督は先月30日のDeNA戦で怠慢プレーをした野間を試合後の監督室に呼び、平手で複数回叩いたという。緒方監督は厳重注意処分を受けた日にナインに謝罪。同日の試合で11連敗が止まった。19日からは破竹の連勝がスタートし、28日のヤクルト戦にも勝ってこれで9連勝。一時は12ゲームも離されていた巨人との差を5ゲームにまで縮めたが、災い転じて福となす――で片づけるわけにはいかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る