燕バレも呆れた監督の暴力「僕は体験したことはない」

公開日: 更新日:

「暴力は選手に対するリスペクトが欠けている行為のひとつ。アメリカでは見たことも、体験したこともない」

 ヤクルトの主砲、ウラディミール・バレンティン(35)がこう言った。

 さる24日に明るみに出た、広島の緒方孝市監督(50)による野間峻祥(26)への暴力行為についてだ。

 7月15日付で指揮官を厳重注意処分とした球団によれば、緒方監督は先月30日のDeNA戦で怠慢プレーをした野間を試合後の監督室に呼び、平手で複数回叩いたという。緒方監督は厳重注意処分を受けた日にナインに謝罪。同日の試合で11連敗が止まった。19日からは破竹の連勝がスタートし、28日のヤクルト戦にも勝ってこれで9連勝。一時は12ゲームも離されていた巨人との差を5ゲームにまで縮めたが、災い転じて福となす――で片づけるわけにはいかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る