ヤクルトファンも勝負度外視 楽しみは村上宗隆の打撃だけ

公開日: 更新日:

 最下位ヤクルトはDeNAに勝っても5位中日とは5ゲーム差。CS進出も厳しい状況だが、勝負を度外視してファンが注目しているのが村上宗隆(19)の数字だ。

 この日は1点を追う二回に、20試合ぶりとなる21号同点ソロ弾を左翼席に運んだ。セ・リーグで高卒2年目以内の21本塁打は1994年の松井(巨人=20本)を抜いて最多だ。ヤクルトの残り試合は45。高卒2年目にして30本塁打も射程圏といえる。となれば、何とかアノ選手を超えたいはずだ。53年に打率.314、36本、36盗塁のトリプルスリーで本塁打王のタイトルを獲得した怪童・中西太(西鉄)の成績は別格としても、87年の清原(西武)の29本なら抜けるかもしれない。

 ちなみに、高卒2年目以内の70打点も87年の清原(83打点)以来。セでは、何と60年の王(巨人=71打点)以来の快挙だ。また、セの高卒2年目以内の「20本・70打点」は村上が史上初。

 下手な守備に目をつむって起用してくれる小川監督のためにもバットで返すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る