ヤクルトファンも勝負度外視 楽しみは村上宗隆の打撃だけ

公開日: 更新日:

 最下位ヤクルトはDeNAに勝っても5位中日とは5ゲーム差。CS進出も厳しい状況だが、勝負を度外視してファンが注目しているのが村上宗隆(19)の数字だ。

 この日は1点を追う二回に、20試合ぶりとなる21号同点ソロ弾を左翼席に運んだ。セ・リーグで高卒2年目以内の21本塁打は1994年の松井(巨人=20本)を抜いて最多だ。ヤクルトの残り試合は45。高卒2年目にして30本塁打も射程圏といえる。となれば、何とかアノ選手を超えたいはずだ。53年に打率.314、36本、36盗塁のトリプルスリーで本塁打王のタイトルを獲得した怪童・中西太(西鉄)の成績は別格としても、87年の清原(西武)の29本なら抜けるかもしれない。

 ちなみに、高卒2年目以内の70打点も87年の清原(83打点)以来。セでは、何と60年の王(巨人=71打点)以来の快挙だ。また、セの高卒2年目以内の「20本・70打点」は村上が史上初。

 下手な守備に目をつむって起用してくれる小川監督のためにもバットで返すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る