楽天新人・弓削連勝“軟投派ランディ・ジョンソン”の真骨頂

公開日: 更新日:

 球界屈指の強打線を手玉に取った。

 楽天の社会人ルーキー、弓削隼人(25)が6日、西武戦に先発。序盤からテンポのいい投球で凡打の山を築き、7回を4安打無失点に抑えた。プロ初勝利を完封で飾った7月30日の日本ハム戦から16回連続無失点で2勝目。防御率は0.44だ。

 佐野日大(栃木)、日大、SUBARUを経て昨年のドラフト4位で入団。193センチの長身左腕で、ついたあだ名は「和製ランディ・ジョンソン」。直球はMAXで149キロ。最速164キロの本家には及ばないものの、楽天の森山投手コーチが言う。

「大型左腕は制球に難がある投手が少なくないけど、弓削は身長の割にコントロールがいい。直球が遅い? 直球で勝負する投手じゃないからね。カットボール、スライダー、フォーク、チェンジアップをストライクゾーンの中で動かしている。ゾーンには入ってくるから、打者はどうしても手を出したくなるんだろうね」

 ヒーローインタビューでは、「連打を打たれないように心掛けた。打たれた次の打者を抑えられてよかった」と話した弓削。混パを勝ち抜く勢いを、チームにつけられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る