山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

楽天則本が7年契約 功労者の価値は“時価”だけでは語れない

公開日: 更新日:

 楽天のエース・則本昂大が今季から7年にも及ぶ長期契約を結んでいたことがわかった。これまで則本は将来的なメジャーリーグ移籍志向を報じられていたが、今回の7年契約が満了した頃には35歳になる。さすがに、その年齢からのメジャー挑戦は難しいだろうから、事実上その夢を封印したと考えられる。

 現在、則本は3月に受けた右肘手術の影響で一軍登録を抹消中だが、そこから順調に回復しており、すでに二軍では実戦復帰している。恐らく後半戦には一軍復帰してくるだろうから、楽天としては心強いだろう。今回の7年契約により、当分はエースに困らなくなった、ということだ。

 しかし、個人的には嫌な予感のほうが頭をよぎる。これまでの日本球界において、この長期契約ほど縁起の悪いものはない。私がひいきにしている阪神タイガースにおいても、長期契約といえば鳥谷敬が2015年から今季まで結んだ5年契約が思い浮かぶが、ご存じの通り鳥谷の成績は昨年から(本当はそのもう少し前から)顕著に下り坂となり、今季は進退を問われるほど不振を極めている。また、それ以前の01年には日本ハムからFAによって獲得した片岡篤史が同じく5年契約を結んだが、鳥谷以上に満足な成績を残せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る