なぜ五輪テスト大会に観客を入れず? 組織委員会に聞いた

公開日: 更新日:

 東京五輪開幕(7月24日)まで1年を切り、多くの競技が「最後の夏」にテスト大会を実施している。衝撃を受けたのは11日に「お台場海浜公園」で行われたオープンウオーター(OWS)だ。猛暑と約30度という高い水温もさることながら、「(海水は)トイレみたいな臭いがする」という選手もいた。

 だが、それも本番(8月5、6日=午前7時開始)とほぼ同じ日時に泳いだからこそ明らかになったわけで、来夏までに水温、水質の改善に全力で取り組めるというものだ。

 14日に終了した馬術も、人馬ともに暑さでヘロヘロだった。五輪の開始時間(クロスカントリーの部は8時30分)の前倒しを要望する声が多数上がったのも、高温多湿という「地獄の環境」を実感したからに他ならない。

 テスト大会なら100%とは言わないまでも、できるだけ本番に近い状況で競技を行うのがベスト。そもそもテスト大会というのは、新たな課題を見つけるのが最大の目的といっても過言ではない。この酷暑だけに屋外競技は、選手や観客、ボランティアらの健康のためにも「予行演習」で得られるデータは非常に重要になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る