コラスいきなり1発も…ソフトBが露呈した“キューバ依存”

公開日: 更新日:

 キューバの大砲不在を救ったのも、またキューバ選手だった。

 18日、ソフトバンクのコラス(20)が「7番・右翼」のスタメンでプロ初出場。二回、初打席の初球を豪快に振りぬき、先制ソロを右中間スタンドに叩き込んだ。

 コラスは2017年5月に育成枠で入団。三軍、二軍で経験を積み、今年6月に支配下登録された。18日にデスパイネが背中のケガで登録抹消されたことで、一軍からお呼びがかかった。

 ソフトバンクはデスパイネを筆頭に、グラシアル、モイネロ、ミランダ、そしてコラスと5人もキューバ選手がいる。コラス以外はいずれも主力。モイネロはコラス同様、育成から下積みを経て、リリーフの一角を担っている。デスパイネら即戦力に加え、キューバ選手まで育てて起用しているのだ。

 しかし、彼らへの依存が大きすぎるのも問題ではないか。例えば、7月に行われたパンアメリカン競技大会だ。南北のアメリカ大陸の国々が参加する大会では野球も種目に入っている。グラシアルとモイネロがキューバ代表として招集され、チームを離れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る