コラスいきなり1発も…ソフトBが露呈した“キューバ依存”

公開日: 更新日:

 キューバの大砲不在を救ったのも、またキューバ選手だった。

 18日、ソフトバンクのコラス(20)が「7番・右翼」のスタメンでプロ初出場。二回、初打席の初球を豪快に振りぬき、先制ソロを右中間スタンドに叩き込んだ。

 コラスは2017年5月に育成枠で入団。三軍、二軍で経験を積み、今年6月に支配下登録された。18日にデスパイネが背中のケガで登録抹消されたことで、一軍からお呼びがかかった。

 ソフトバンクはデスパイネを筆頭に、グラシアル、モイネロ、ミランダ、そしてコラスと5人もキューバ選手がいる。コラス以外はいずれも主力。モイネロはコラス同様、育成から下積みを経て、リリーフの一角を担っている。デスパイネら即戦力に加え、キューバ選手まで育てて起用しているのだ。

 しかし、彼らへの依存が大きすぎるのも問題ではないか。例えば、7月に行われたパンアメリカン競技大会だ。南北のアメリカ大陸の国々が参加する大会では野球も種目に入っている。グラシアルとモイネロがキューバ代表として招集され、チームを離れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る