松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メジャー初完封 菊池雄星よ ボールも気持ちも上を向け!

公開日: 更新日:

 久々に留飲を下げた月曜日だった。なかなか打球が上がらんかった大谷翔平が19試合ぶりにホームランを打ち、あまりに勝てないので、鳴り物入りでメジャーに渡ってダメだった「井川の再来」という烙印を押されそうになっていた菊池雄星が完封勝利。岩手の皆さま、おめでとうございます。

 井川と言われりゃ雄星も胃が悪くなってんじゃないか、と心配したが、まあ雄星。ちょいとダメなら袋叩きにされるヤンキースと違って、西海岸の最果てシアトルじゃ、批判しあっとるやつも、牽制しあっとるやつも少ない。ぼちぼちやれ。

 雄星がメジャーで打たれまくったのは、どうも、日本時代から「低めに投げりゃ打ち取れる病」にかかっておったせいじゃないかと思う。

 メジャーリーグを席巻するフライボール革命とか仰々しいが、要はアッパースイング全盛。みんなアッパースイングするバット軌道へ「はい打ってください」と低めへ投げ込みゃ打たれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る