松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メジャー初完封 菊池雄星よ ボールも気持ちも上を向け!

公開日: 更新日:

 久々に留飲を下げた月曜日だった。なかなか打球が上がらんかった大谷翔平が19試合ぶりにホームランを打ち、あまりに勝てないので、鳴り物入りでメジャーに渡ってダメだった「井川の再来」という烙印を押されそうになっていた菊池雄星が完封勝利。岩手の皆さま、おめでとうございます。

 井川と言われりゃ雄星も胃が悪くなってんじゃないか、と心配したが、まあ雄星。ちょいとダメなら袋叩きにされるヤンキースと違って、西海岸の最果てシアトルじゃ、批判しあっとるやつも、牽制しあっとるやつも少ない。ぼちぼちやれ。

 雄星がメジャーで打たれまくったのは、どうも、日本時代から「低めに投げりゃ打ち取れる病」にかかっておったせいじゃないかと思う。

 メジャーリーグを席巻するフライボール革命とか仰々しいが、要はアッパースイング全盛。みんなアッパースイングするバット軌道へ「はい打ってください」と低めへ投げ込みゃ打たれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る