巨人には厄介…広島は緒方監督が中崎抹消決断で徹底抗戦

公開日: 更新日:

 首位巨人は27日から6.5ゲーム差の3位・広島との3連戦を迎える。

 優勝へのマジックを「20」としているが、昨季7勝17敗1分けだった広島戦は今季も7勝12敗1分け。すでに勝ち越しはなくなっており、あと1敗で負け越しが決定する。敵地マツダスタジアムは4勝8敗1分けの鬼門だが、残りは東京ドームで5試合。が、こっちも2カードで1勝2敗が2度。ともに負け越している。仮にリーグ優勝を決めても、その後はクライマックスシリーズがある。巨人としてはひとつでも勝って苦手意識を払拭しておきたいところ。

 が、広島の緒方孝市監督(50)は手を打ってきた。26日、守護神・中崎の登録を抹消したのだ。クローザーとして昨季までのリーグ3連覇に貢献したものの、今季は36試合で3勝3敗9セーブ、防御率4.08。二軍再調整を経て昇格したが、24日の中日戦では九回に3点リードを追いつかれ、25日の同戦も八回にビシエドに適時二塁打を打たれていた。いい時は150キロをマークしていた直球が、今季は140キロそこそこ。にもかかわらず、緒方監督は中崎の抑えに固執。自身の“チルドレン”を特別視してきた温情采配が、チームの低迷を招いた一因ともいわれる。遅きに失した感はあるが、やっと決断した格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る