巨人には厄介…広島は緒方監督が中崎抹消決断で徹底抗戦

公開日: 更新日:

 首位巨人は27日から6.5ゲーム差の3位・広島との3連戦を迎える。

 優勝へのマジックを「20」としているが、昨季7勝17敗1分けだった広島戦は今季も7勝12敗1分け。すでに勝ち越しはなくなっており、あと1敗で負け越しが決定する。敵地マツダスタジアムは4勝8敗1分けの鬼門だが、残りは東京ドームで5試合。が、こっちも2カードで1勝2敗が2度。ともに負け越している。仮にリーグ優勝を決めても、その後はクライマックスシリーズがある。巨人としてはひとつでも勝って苦手意識を払拭しておきたいところ。

 が、広島の緒方孝市監督(50)は手を打ってきた。26日、守護神・中崎の登録を抹消したのだ。クローザーとして昨季までのリーグ3連覇に貢献したものの、今季は36試合で3勝3敗9セーブ、防御率4.08。二軍再調整を経て昇格したが、24日の中日戦では九回に3点リードを追いつかれ、25日の同戦も八回にビシエドに適時二塁打を打たれていた。いい時は150キロをマークしていた直球が、今季は140キロそこそこ。にもかかわらず、緒方監督は中崎の抑えに固執。自身の“チルドレン”を特別視してきた温情采配が、チームの低迷を招いた一因ともいわれる。遅きに失した感はあるが、やっと決断した格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る