格下に苦戦も…大坂なおみ全米オープン4年連続2回戦進出

公開日: 更新日:

 テニスの4大大会最終戦、全米オープンは27日(日本時間28日)、女子シングルス1回戦を行い、前年女王で第1シードの大坂なおみ(21)が世界ランキング84位のアンナ・ブリンコワ(20=ロシア)と対戦。セットカウント2―1で下し、4年連続の2回戦進出を決めた。

 16日のW&Sオープン(米シンシナティ)準々決勝で痛めた左膝は依然として万全ではないのだろう。患部にサポーターをつけてコートに現れた大坂は序盤に集中力を欠いた。第1セット第2ゲームで先にブレークを許し、0―3とリードされる苦しい展開。第7、第9ゲームでブレークに成功して逆転で第1セットを先取した。試合の主導権を握りながら、第2セットは相手の驚異的な粘りに屈した。第11ゲームでブレークを奪って6―5とマッチポイントを握りながら、第12ゲームは逆にブレークバックを許した。タイブレークでも相手の勢いを止めきれず、第2セットを落とす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る