原G左うちわで長期政権も視野 “松井監督”はしばらくお預け

公開日: 更新日:

 巨人が優勝へのマジックを18に減らした。

 29日の広島戦。2―1の三回無死一、二塁から丸がフェンス直撃の適時打を放つと、岡本が3ラン、大城が2点適時二塁打で広島先発の大瀬良をKO。さらに丸が2番手・塹江から満塁本塁打を放ち、この回一挙10得点で早々と試合を決めた。この日は巨人OBで米ヤンキースなどでも活躍した松井秀喜氏(45)、高橋由伸前監督(44)が、日本テレビ系の地上派中継で初のダブル解説を務めた。

 松井氏は「2人とも辞めたんだなという感じ。由伸はもう監督まで経験している。こうやってここに座るっていうのは、年を取ったということ」と言い、三回に二塁打で出塁した阿部に代走が送られると、「だいぶ早い交代ですね。ここに慎之助も呼びますか?」と笑いを誘う場面も。2016年から監督を務めた3年間で2、4、3位とリーグ優勝に届かなかった高橋前監督については「今は由伸が使った選手たちが躍動している。それが彼の功績」とフォローするなど、巨人の大勝に終始、上機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る