原G左うちわで長期政権も視野 “松井監督”はしばらくお預け

公開日: 更新日:

 巨人が優勝へのマジックを18に減らした。

 29日の広島戦。2―1の三回無死一、二塁から丸がフェンス直撃の適時打を放つと、岡本が3ラン、大城が2点適時二塁打で広島先発の大瀬良をKO。さらに丸が2番手・塹江から満塁本塁打を放ち、この回一挙10得点で早々と試合を決めた。この日は巨人OBで米ヤンキースなどでも活躍した松井秀喜氏(45)、高橋由伸前監督(44)が、日本テレビ系の地上派中継で初のダブル解説を務めた。

 松井氏は「2人とも辞めたんだなという感じ。由伸はもう監督まで経験している。こうやってここに座るっていうのは、年を取ったということ」と言い、三回に二塁打で出塁した阿部に代走が送られると、「だいぶ早い交代ですね。ここに慎之助も呼びますか?」と笑いを誘う場面も。2016年から監督を務めた3年間で2、4、3位とリーグ優勝に届かなかった高橋前監督については「今は由伸が使った選手たちが躍動している。それが彼の功績」とフォローするなど、巨人の大勝に終始、上機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る