9.5パラグアイ戦 久保に代表最年少ゴール記録更新の可能性

公開日: 更新日:

■シュートの意識が高い

「その可能性は十二分にあるでしょう」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。

「森保監督は、まずはパラグアイ相手に勝利を求めて手堅いスタメン布陣をとることが予想されます。1トップにFW大迫が入り、攻撃的なMFとして左サイドに中島、右サイドに堂安を配して、トップ下に南野を置くでしょう。試合展開に応じて1トップがFW鈴木に代わったり、南野が1トップに入ることも考えられます。そこでMF久保の起用法が注目されます。投入される場合は堂安がプレーした右サイドが順当でしょうが、1トップに入った南野に代わってトップ下に入る布陣も森保監督は考えているはずです。そもそも指揮官の頭の中には〈中島・南野・久保を共存させてクリエーティブな攻撃パターンを構築していく〉というアイデアが入っている。この3選手は、攻撃的なプレーのイメージを共有できる能力を持っており、それぞれ1トップ・左サイド・トップ下のポジションを自在に変えつつ、即興的なアイデアを駆使した攻撃パターンで相手ゴールに迫ることができる。シュートの意識が高い久保にとって、右サイドに固定されるよりもトップ下や1トップなど自由に動き回った方が、ゴールの可能性はグンと高まります」

 期待して良さそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  4. 4

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る