久保建英は“指揮官好み” 1部昇格マジョルカ移籍で大正解

公開日: 更新日:

 スペインの超名門レアル・マドリードから1部昇格組のマジョルカにレンタル移籍した日本代表MF久保建英

 移籍して初めて迎えた地元でのソシエダ戦はベンチ外だったが、第3節の敵地バレンシア戦にベンチ入りして新天地デビューとなるか? 地元スペインでも注目を集めている。

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「マジョルカへの移籍は大きなプラスです。久保はFC東京時代からプレー中、ボールを欲しいタイミングと欲しいコースを身ぶり手ぶりでチームメートに知らせていたが、J3に加盟していたFC東京U―23でプレーしていた時期は、周囲とのレベル差もあって久保の思い通りにボールは入らず、パスを出そうにもFWが久保の意図を感じ取ってくれない場面が多かった。それがFC東京のトップの一員としてJ1でプレーするようになったら、パスを受けるにしても、出すにしても久保のアイデアや創造力が、最大限に〈生かされる〉形で周囲も動いてくれた。久保はレアル移籍後、二軍に所属してスペイン3部で戦うことになっていたが、3部にはフィジカル自慢の選手も少なくなく、相手をツブすことで自分をアピールして、2部、1部チームのスカウトの目に留まりたいという選手も多い。強豪レアルMと契約したテクニカルなMFは、格好の標的になってしまう。そういう意味においてもテクニック優先の1部でプレーすることは、久保にとって大正解と言っていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る