佐々木朗希 復帰登板への思い「投げて世界一に貢献したい」

公開日: 更新日:

 チーム付きのドクターによれば、すでに右手中指のマメは完全に治っていて、いつでも投げられる状態だという。

 3日のパナマ戦に勝ったU18日本代表。1次リーグ4勝1敗で進出を決めた決勝ラウンド(スーパーラウンド)で、いよいよエース・佐々木朗希(大船渡)が国際大会デビューを果たす。

 佐々木はこのU18を高校生活における最大の目標のひとつに置いていた。4月の合宿の紅白戦で163キロを投じ、一躍注目の的になった裏で、今大会でもチームメートになった奥川(星稜)、西(創志学園)、宮城(興南)らとのグループラインに参加。みんなで日本代表のユニホームを着ようと誓い合ったという。

 夏の岩手県大会は花巻東との決勝戦の登板を回避。投げずに敗退し、甲子園への夢が断たれた。大船渡の国保監督は「投げられる状態ではあったかもしれないが、私が判断した。理由としては故障を防ぐため」と説明したが、この決断に賛否が飛び交う大騒動に発展したのは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る