佐々木朗希 復帰登板への思い「投げて世界一に貢献したい」

公開日: 更新日:

 チーム付きのドクターによれば、すでに右手中指のマメは完全に治っていて、いつでも投げられる状態だという。

 3日のパナマ戦に勝ったU18日本代表。1次リーグ4勝1敗で進出を決めた決勝ラウンド(スーパーラウンド)で、いよいよエース・佐々木朗希(大船渡)が国際大会デビューを果たす。

 佐々木はこのU18を高校生活における最大の目標のひとつに置いていた。4月の合宿の紅白戦で163キロを投じ、一躍注目の的になった裏で、今大会でもチームメートになった奥川(星稜)、西(創志学園)、宮城(興南)らとのグループラインに参加。みんなで日本代表のユニホームを着ようと誓い合ったという。

 夏の岩手県大会は花巻東との決勝戦の登板を回避。投げずに敗退し、甲子園への夢が断たれた。大船渡の国保監督は「投げられる状態ではあったかもしれないが、私が判断した。理由としては故障を防ぐため」と説明したが、この決断に賛否が飛び交う大騒動に発展したのは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  2. 2

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  3. 3

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  10. 10

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る