稽古量と体格はピカイチも 東龍強の抜けきれない“投げ癖”

公開日: 更新日:

玉ノ井部屋・前頭15枚目

 なぜ、最大の武器を生かさないのか。

 2003年、15歳のときに朝青龍も通った明徳義塾高に留学。卒業後は相撲部屋の門を叩くと思われていたが、なぜか九州情報大学に進学した。

「要は『空いている部屋がなかった』のです。当時、すでに外国人枠は1部屋1人の制限があった上、中には外国人力士お断りの部屋もありますからね。そのため、大学の相撲部で鍛える道を選んだ。実際、九州情報大は3年で中退しています」(タニマチ筋)

 13年に十両に昇進すると、わずか2場所で通過。同年5月に新入幕を果たした。それが、わずか1場所で十両に逆戻り。その後も2度、幕内に復帰しながら、いずれもたった1場所で陥落している。今回は14年7月場所以来となる幕内だ。

逸ノ城戦で右ヒザを負傷した影響もあるが、とにかく投げが多いんですよ。東龍は191センチ。あれだけの上背があれば、組んで引きつければ相手は何もできないはず。それなのに我慢できずに投げを打つのだから、成績が安定しない。入門したときから投げる癖が抜けない」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る