稽古量と体格はピカイチも 東龍強の抜けきれない“投げ癖”

公開日: 更新日:

玉ノ井部屋・前頭15枚目

 なぜ、最大の武器を生かさないのか。

 2003年、15歳のときに朝青龍も通った明徳義塾高に留学。卒業後は相撲部屋の門を叩くと思われていたが、なぜか九州情報大学に進学した。

「要は『空いている部屋がなかった』のです。当時、すでに外国人枠は1部屋1人の制限があった上、中には外国人力士お断りの部屋もありますからね。そのため、大学の相撲部で鍛える道を選んだ。実際、九州情報大は3年で中退しています」(タニマチ筋)

 13年に十両に昇進すると、わずか2場所で通過。同年5月に新入幕を果たした。それが、わずか1場所で十両に逆戻り。その後も2度、幕内に復帰しながら、いずれもたった1場所で陥落している。今回は14年7月場所以来となる幕内だ。

逸ノ城戦で右ヒザを負傷した影響もあるが、とにかく投げが多いんですよ。東龍は191センチ。あれだけの上背があれば、組んで引きつければ相手は何もできないはず。それなのに我慢できずに投げを打つのだから、成績が安定しない。入門したときから投げる癖が抜けない」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る