新入幕を果たした剣翔桃太郎はナマクラ刀を研ぎ直せるか

公開日: 更新日:

追手風部屋・前頭14枚目

「怠け癖というかグータラな性格を何とかしないことには……」

 さるタニマチ筋がこう苦笑いする。

 相撲強豪校で鳴らす埼玉栄から日大相撲部を経て角界入り。これだけ聞くと相撲エリートだが、経歴に比べて中身がいまひとつだ。

「素質はあるんですよ。上手をとって引きつけて前に出たら、そうは負けない。ただ、稽古嫌いなので地力がつかない。その上、2年前に腰を痛めてからというもの、1、2番取ると腰痛が再発するそうで、ますます稽古ができなくなった。欲もあまりない。2016年1月場所で新十両になってからというもの、22場所連続で番付を維持。落ちもせず、上がりもしなかった。しかも8勝7敗や7勝8敗という帳尻合わせのような成績がやたら多い。本人は『勝ち越すと安心しちゃうんですよ』と話していた。しこ名は勇ましい『剣』ですが、緊張感がない、のんびり屋のナマクラだともっぱらです」(前出のタニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る