照強翔輝は根性の人 学校サボっても相撲道場には通い続け

公開日: 更新日:

伊勢ケ浜部屋・前頭16枚目

 多彩な技を持つが、だからといって「業師」というと、ちょっと違う。炎鵬に次いで、幕内で2番目の軽量力士。幕下で長く過ごし、今年3月場所で新入幕を果たした。

「猫だましや足とりなど、勝つためには何でも仕掛けてやろう、という相撲です。大柄な突き押し力士を相手にした場合は、立ち合いの突きを低い体勢で空振らせ、足を取って一気に土俵外に持っていくこともある。四つ相撲も押し相撲も何でもござれ。こう言うと奇策に頼った小兵力士に思えるが、基本は前に前に出ようという意識が強い。相撲の引き出しを増やすことで、相手に『何かやってくるのでは……?』と警戒させ、その隙に速攻で攻めるのを目的にしている。師匠にも常々、『正攻法の相撲でいけ』と言われていますからね」(相撲記者)

 過去には自分より50キロ近く重い、力自慢の大砂嵐を2度、吊り出した経験もある。小兵だからといって、技だけの力士と思ったら痛い目を見る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る