5年ぶりリーグVでも…巨人と日テレが頭を抱える2つの事情

公開日: 更新日:

 5年ぶりのリーグ優勝へのマジックナンバーを4としている巨人。17日、中日との2連戦のため、名古屋へ移動した。最短の胴上げは20日の金曜日。敵地・横浜スタジアムでの2位DeNA戦だ。

 原監督の胴上げへのカウントダウンは大詰めだが、問題はこの日が特別な日であるということ。日本開催のラグビーW杯・日本対ロシアの開幕戦(19時45分キックオフ)にモロかぶりなのである。W杯の放映権を持つ日本テレビ関係者がこう言う。

「W杯が開幕する20日だけは巨人どころではありません。世の中が盛り上がっていなくても、ラグビーの“前もの”を地道に扱い続けてきたのは、この日のためと言ってもいい。巨人が5年ぶりにリーグ優勝ができそうなのは、もちろんビッグニュースですが、原監督はラグビーの大ファンでもある。胴上げを土曜日以降にずらしてくれればいいのですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る