八村の先輩・馬場がNBAマブス移籍 日本人対決は実現するか

公開日: 更新日:

 今季、日本人4人目のNBAプレーヤー誕生か。

 男子バスケットボール日本代表の馬場雄大(23=アルバルク東京)が、ダラス・マーベリックスと合意。18日に渡米し、正式に契約書にサインするという。

 アルバルク東京の林邦彦社長とともに都内で会見した馬場は、「自分の夢だったNBAのスタートラインに立ててワクワクしている。ダンクなど、自分の武器であるダイナミックなプレーを米国のコートでも表現したい」と話した。

 正式契約後は本拠地テキサス州ダラスで行われている事前キャンプに合流。今月末からの開幕に向けたトレーニングキャンプにも参加して、本契約を目指す。

 マーベリックスは今季開幕戦で、富山・奥田中の後輩である八村塁(21)のウィザーズと対戦する。馬場は八村とのマッチアップについて「自分も塁(八村)と同じコートに立ってプレーできれば、今までの日本バスケットボール界にない光景が見せられる。現実になるように頑張りたい」と話したが、不可能ではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る