欧州相手に連敗で浮き彫り “八村ジャパン”に足りないもの

公開日: 更新日:

 男子バスケットボール日本代表が世界の壁に阻まれた。

 3日のW杯(中国・上海)。世界ランキング48位の日本は、同24位のチェコ相手に76―89で敗れ、1次ラウンド2戦2敗。5日の米国戦(世界1位)を残し、敗退が決定した。

 日本は前半の第2クオーター(Q)を5点ビハインドで折り返し。第3Q以降は外角シュートなどで差を広げられ、チームトップの21得点をマークした八村塁(21=ウィザーズ)の孤軍奮闘も実らず、最後は力負け。大会前に目標としていた欧州からの初白星を挙げられず、初戦のトルコ戦に続いて欧州勢相手に2連敗である。

 試合後の八村が「3Q目でズルズルといったのが痛かった」と振り返った通り、13年ぶりに出場した世界の大舞台で海外勢との差があらためて浮き彫りになった。

「ディフェンス面ではアグレッシブさが足りず、コンタクトやリバウンドで競り負けていました。ファウルを恐れず、エースのサトランスキー(ブルズ)を軸にした相手の攻撃リズムを崩し切れなかったことが失点につながりました。チェコは時間を巧みに使うなど、試合をコントロールするのに長けていましたが、それを打開するためにも、試合終盤に見せた積極的なディフェンスを序盤から継続することが必要でした」(前日本代表監督の長谷川健志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る